物理と論理障害|悪徳なデータ復旧業者を見極めるポイントを把握する!

悪徳なデータ復旧業者を見極めるポイントを把握する!

男性

物理と論理障害

男女

データ復旧作業を業者に依頼をすれば、すみやかに失ったデータを元通りにしてくれるのは確かといえるでしょう。専門のプロにかかれば、必要最低限のデータだけに絞って、スピーディーに直してくれるのは間違いありません。台風や地震といった天変地異は勿論ですが、ヒューマンエラーによるデリート、OSの老朽化によるデータ損失をすぐに解消してくれるので頼もしい存在です。しかし、データ復旧を専門業者に依頼をする場合、どれくらいの費用がかかるのかが気になります。業者によっては、それぞれで提示している価格帯は異なります。少しでも、費用を抑えてデータを元通りにしたいなら、価格相場をチェックしておきましょう。

データ復旧業者では、まず自社が有している技術を持って内部の情報を元通りにできるかどうかを把握するところから始まります。その際にかかる料金が、初期診断料金です。初期診断料金は、無料で受け付けているところがあれば、最大で2万円近くまでかかるところもあります。大抵の業者なら、初期診断料金を無料で行なってくれるところばかりです。無駄な費用をかけたくないと思ったら、無料を提示しているところをメインに選んだほうがいいです。

記憶媒体の破損にかかる料金は、hddの論理障害で5万円前後はかかります。物理障害の場合は、症状によっては10万円単位の価格が生じてしまう場合があります。物理や論理の症状によっても、価格帯が異なるので、多くの業者で提示している金額を見比べて、利用しやすい料金帯のデータ復旧業者を見つけましょう。